低体温が原因で起きる病気

めまい

ここでは低体温が招く病気について紹介していきます。
低体温状態が続くと、特にお年寄りや女性には注意が必要な病気になってしまうケースもあります。
具体的にどんな病気になってしまう恐れがあるのか見ていきましょう!

女性は不妊症に注意

不妊に注意

低体温は特に女性に目立ちますね。

平熱が35度台という人も珍しくなく、それが原因で体調不良につながることがあります。
有名なところでは不妊症。
体調が崩れるというようなものではないですが、低体温により妊娠しにくい体になってしまうことがあります。

低体温状態が続くと血流が悪くなり、卵胞への刺激が弱ってホルモン分泌が悪くなります。
その結果、排卵障害が生じ、不妊を引き起こします。

妊娠を希望する人は36度台中盤までの体温を維持するようにしましょう。
低体温が続くと、人によっては子宮内膜症や子宮筋腫などの病気を併発してしまうリスクもあるので注意が必要です。

中高年以降はこんな病気も

低体温状態が続くとガンになってしまうリスクが高まります。適度な運動ガン細胞は皮膚や粘膜、骨、筋肉などあらゆるところに発症します。

低体温が続くと免疫作用が薄れウィルスが付着したり、侵入してしまうケースも。
血液中の酸素濃度が低いとリンパ球が減ってきます。
リンパ球が減っている状態はガン細胞にとって、活動しやすいスペースに。
低体温は人間にとっては辛い状況でも、ガン細胞にとっては非常に過ごしやすい環境に変化してしまうのです。

どうしても年齢が上がると新陳代謝の活性化作用が弱まり、抗炎作用も弱くなっていきますから、日頃から運動をして血流促進作用を促したいですね。

 







誰にでも起こりうる病気とは

低体温が続くと老若男女問わず神経痛や筋肉痛に見舞われることがあります。
また頭痛が数時間続いたり、肩こりや関節痛、腰痛がなかなか治らないなど。

血流が悪くなることで自律神経の乱れが生じ、こういった症状が起こりやすいです。
また低体温症の人は鼻炎や花粉症などのアレルギー反応が出やすい傾向も。

低体温になると人間が本来保有している抗体の数も減っていくため、アレルギー物質に対応するのが難しくなってしまいます。
36度台の人に比べて、35度台の人は免疫力が弱いというデータもありますので、平熱が低いと感じたら基礎代謝を上げる努力が必要です。


以上、低体温が引き起こす病気についてご紹介しました。
病気を治すというより、大元の原因である低体温を治さなければ症状が治まっても再び発症してしまうリスクがあるので注意しましょう。

Follow me!