辛い妊婦さんの便秘!原因と改善方法について

妊婦さんは便秘をしやすいことが特徴ですが、市販の便秘薬などは気軽に使えない為に、便秘解消は生活習慣の改善が必要になります。そこで便秘で悩む妊婦さんにオススメの便秘改善方法をご紹介したいと思います。

便秘解消の食生活

妊婦さんの便秘は、黄体ホルモンの分泌が活発になるため腸のぜんどう活動が鈍くなることが原因といわれています。また妊娠後期になると大きくなる子宮で腸が圧迫される為に便秘をしやすい状態になっています。そこで改善の為には、食物繊維の多い食材を食べましょう。   野菜や海藻類など、消化しやすいようにスープにしても良いですね。 またヨーグルトなどの乳酸菌を含んだ食べ物も腸内環境を整える為に便秘改善にはとても効果があります。   ヨーグルトの菌は胃腸に届く前に死滅してしまう特徴がありますので、オリゴ糖と一緒に摂るとさらに効果的に便秘改善ができます。また妊娠中はストレスも多いため、リラックスできる時間も必要ですね  

運動不足を解消しよう

体操妊婦さんの便秘の原因は、運動不足である場合も多く、腹筋力の低下により腸のぜんどう活動が衰えています。   しかし妊娠中は過度な運動はできませんので、軽めのストレッチやウォーキングで定期的に体を動かすように心がけてください。マタニティーのヨガクラスやスイミングなども最近はとても流行っています。激しい運動をするときは必ず専門家の指導の下で行いましょうね。妊娠中期頃になると、お腹も目立ちはじめます。この頃から便秘が続いてしまう方も多いのですが、薬は母体だけでなく胎児にも影響してしまいます。 便秘薬を飲むときは必ず医師と相談するか、病院で処方してもらったものだけを飲んでくださいね。

水分補給をしよう

便秘は腸の中で便が長時間とどまっているために、水分が減り便が固くなることが原因です。 便秘を改善するには水分補給をして便の移動をしやすいようにしましょう。 特に妊娠中は水分不足になる方も多いため、温かいお茶などをこまめに飲んで水分補給をしましょう。 また塩分が多い食事は体内に水分を溜め込みやすくなりますので、むくみの原因にもなってしまいます。



食生活全体を見直して、便秘改善に効果のある食べ物を取り入れることが重要です。また妊娠中の便秘はツボ療法やマッサージも効果があると言われています。左手首にある外関と呼ばれるツボは便秘解消に効き目がありますので、一日に数回ツボを押してみましょう。朝は胃腸の働きが開始するタイミングです。トイレに行く習慣を付けることも大切ですよ。 早速始めよう!妊婦さんの腰痛を改善する運動 妊娠後期になると大きなお腹で体のバランスが取りずらくなり、腰に負担がかかるようになります。妊婦さんの腰痛はほとんどの方が体験するのではないでしょうか。そこで少しでも腰痛が楽になる運動方法をご紹介したいと思います。

寝たままの簡単腰痛体操

妊娠中の体の変化はお腹が大きくなるほど、あちこちで気になりますよね。特に腰痛はほとんどの妊婦さんが経験する悩みの一つです。 そこでオススメしたいのが簡単に寝たままできる腰痛緩和ストレッチです。まず始めに床に仰向けで寝てください。膝を立てた状態で両足を一緒に右側に倒しましょう。そのままの姿勢で15秒間ほど保ってください。 腰の筋肉などが伸びていることを確認して、次は同じように左側に両膝を倒します。このストレッチは決して無理をしないように、体調の良いときに行ってくださいね。妊婦さんは日頃から運動不足になりがちな為、体の柔軟性も少なくなっています。痛いと感じるところでやめてくださいね。

便秘予防にもなるストレッチ

お腹が大きくなるとついつい背骨も反りがちになり、お腹を突き出したように歩いてしまいますよね。そのため腰には同じ角度での負担が多いため、ストレッチで筋肉の緊張をほぐしましょう。

  1. 床に四つんばいになってください。
  2. その状態から腰をゆっくり反らしてください。
  3. そのままの姿勢で5秒間ほどカウントしたら、次は腰を猫のように丸めます。また同じように5秒間カウントしましょう。
このストレッチを数回繰り返してください。

骨盤の位置も正常に保てる効果がありますので、胃腸の働きを活性化するメリットもあります。お風呂上りの血行が良いときに行ってみましょう。また運動中は呼吸もゆっくり動きに合わせてタイミングをとりましょう。

腰に負担をかけないコツ

妊婦さんの便秘と腰痛改善について学ぶ妊婦さんには毎日の家事は欠かせません。お腹が大きくなっても洗濯や掃除はやらないといけませんよね。そこで日常の中で腰痛原因になる動きを理解して負担を減らすように工夫をしましょう。例えば掃除機を使うときはなるべく前かがみにならないように意識したり、キッチンに長時間立っているときは、途中で休憩をしてイスに座りましょう。 足のふくらはぎをマッサージしたり、腰を軽くひねって同じ姿勢を続けないことがポイントになります。 また腰に激痛が走るような場合は、腰サポーターなどもありますので、腰痛緩和のグッズは医師に確認してから使ってくださいね。湿布薬なども刺激が強い場合もありますので、必ず確認をしましょう。