いつまで続くの?妊婦さんのつらい悪阻について

つわりは妊婦さんにとってとても辛いですよね。いつからつわりが始まるのか、またどれほど続くのか、気になるつわりについて早速ご紹介したいと思います。

つわりが起こる原因はなに?

つわり妊娠中の間で辛いのがつわりの時期です。 個人差がありますのでまったく感じない人や、食事ができなくなるほどつわりがひどい場合もあります。 なぜ妊娠するとつわりになるのか、その原因についてははっきりとしたことがいまだにわかっていません。 考えられる要素としてはホルモンの影響があります。妊娠すると分泌されるhcgホルモンは、脳の虫垂を刺激して嘔吐を引き起こす原因になるといわれています。 また受精卵を体が異物として判断して、アレルギー反応を起こすためにつわりの症状がでるとも考えてられています。妊娠すると体には色々な変化があり、一人ひとり異なります。妊婦さん全てがつわりで苦しむわけではありませんが、半分以上の人が経験していると言われています。

つわりの時期はいつから?

一般的に多いつわりの時期ですが、妊娠4週目ぐらいから始まるといわれています。つわりがピークになる時期は妊娠8週目から10週目が多いようですが、なかには妊娠全期間つわりで苦しんだという妊婦さんもいます。ほとんどの場合、つわりは11週目ぐらいで落ち着きますが、個人差がありますので実際に妊婦さんになるまではわかりませんよね。また一人目のときはつわりがなくても、2人目の妊娠のときはひどいつわりがあったなどその場合によって異なります。 また注意したいのは突然つわりが治まってしまう場合、流産している可能性もありますので、心配な場合は必ず病院で診察してもらいましょう。またつわりの後は食べすぎになりやすいため、体重増加にも注意してくださいね。

辛いつわりの時期の対処方法

つわりの時期は少しでも快適に過ごしたいですよね。症状は個人差がありすが、一般的に多いムカムカの原因の一つに「におい」があります。ご飯、香水、タバコ、魚など、今までまったく気にした事がなかったものに対して突然吐き気を感じるほどにおいに敏感になる妊婦さんがとても多いですね。

masking-tapeこのような場合はムカムカの原因になるものをなるべく避けて、料理も他の人に代わってもらうなどサポートしてもらうとよいでしょう。また吐き気がして食べられないときは、つわりが治まる瞬間に少しでも体に良いものを食べる事が大切です。食べるとムカムカがなくなるという方も多いですよね。 つわりがひどくなると水すら飲めなくなってしまいます。このような場合は早めに産婦人科を受診しましょう。




注意しよう!妊娠中のストレスは赤ちゃんにも悪影響!

妊娠中は感情の起伏が激しくなるという特徴があります。ささいなことでイラッとしたり急に不安を感じたり、精神面でのストレスがとてもたまりやすいのです。少しでも快適な妊娠期間を過ごす為に注意したい点を早速ご紹介しましょう。

イライラしてしまうのは何故?

イライラする女性妊娠期間中で特にイライラを感じやすいのが妊娠後期です。その原因はエストロゲンというホルモンの分泌が増えるためだと言われています。妊娠9ヶ月目ぐらいがエストロゲンが最も多く分泌されてる為、この時期には精神状態も不安定になりやすいのです。しかしいつもイライラしていると、ストレスホルモンにより血管が収縮されて血圧が上がる原因になります。 母体だけでなく胎児にも影響が出てしまいますので、妊娠中のストレス解消はとても大切なのです。妊婦さんならば誰でも一度はイライラする時期を経験していると思いますが、決して特別な事ではありません。上手にストレスを付き合いながら、快適な生活を送るように対処する事が必要なのです。

ストレスを感じるのはこんな時!

ストレスは妊婦さんだけでなく、日常生活の中で誰でも感じる事です。しかし妊婦さんの場合はホルモンの変化によりイライラしやすくなる状態になり、しかも出産や育児に対する不安感もストレスの原因になります。また妊娠後期になると多きくなったお腹の為に自由に身動きが取れないこともイライラの原因になります。 そして二人目の妊娠の場合は、育児をしながら妊婦生活を送る為にさらにイライラする瞬間も増えてしまいますよね。 このような状況はまず旦那さんをはじめ、家族の人に理解してもらわないといけません。 また一人で悩んでいるとお酒やタバコなどでストレス解消したくなる場合もありますので注意してくださいね。 地域の子育てセンターなどで相談することも良い方法のひとつですよ。

上手にストレス対処しよう

アロマをかぐ女性なんとなく不愉快、イライラするというときはストレス解消の呼吸法に挑戦してみましょう。妊娠後期になると大きくなった子宮が横隔膜を圧迫しますので、息苦しいと感じることが増えてきます。深呼吸がしずらい為に浅い呼吸をゆっくり続けてみましょう。ストレス解消には深呼吸が効果がありますが、妊娠中はゆっくりした呼吸で副交感神経を活発にして精神を安定させましょう。

また不安感を取り除く為に、散歩にでかけて気分をリフレッシュする事も良い方法ですよ。一人で悩んでいるとさらにストレスが溜まってしまいますので、友達や家族と会話する時間を増やすこと、そして生まれてくる赤ちゃんの為の出産準備を楽しみながら始めましょう。